喜八ブログ会社概要お問合せサイトマップHOME

kihachi web 喜八工房

  喜八工房について

喜八工房

山中漆器の上塗師、二代目喜八が明治15年(1882年)に産地製造卸「喜八工房」として創業。一職人が自分で塗ったものを自分で売って歩く「塗師屋商人」の魁である。当然、その品質には責任を持たなければいけない。そこで各工程の生産管理を行うメーカーとしての変遷をたどることになる。現在の喜八工房には当時のcraftsmanshipが脈々と受け継がれている。

伝統工芸山中漆器の中で一番の老舗。一流の技術を持つ木地師、下地師、塗師、蒔絵師を擁し、国産にこだわり、歴史に裏打ちされたデザイン力で、伝統的なものから現代的なもの、高級品から日用雑器まで、幅広いものづくりを手がけている。

全て自然素材を使用し、手作りということを最良としながらも、1点ものの作品だけに傾くことはない。旧来のやり方に固執せずに、長年の研究と知識の蓄積による柔軟な発想で、「沢山の人に使ってもらえる、プロダクトとしてのものづくり」を心がけ、沢山の人に喜んでもらうことが喜八工房の願いである。



山中が世界に誇る木地挽き轆轤(ろくろ)の技術で薄く挽きあげた凛とした佇まいの器には定評がある。見て良し、使って良しの「喜八工房」と言われているゆえんである。
特に、轆轤で挽き上げる円形の漆器に関しては常に喜八工房がトップランナーとして走り続けてきた。

このサイトで紹介する器から、喜八工房を感じていただければ幸いである。

漆器エクストリーマー 酢谷喜輝について

酢谷喜八顔写真

漆器をより多くの人に使ってもらいたい。

求めやすい価格の良質な漆器を日々の生活に取り入れてもらいたい、使い込むなかでの傷みや経年変化をも楽しんで、自分だけの漆器に育ててもらいたい。漆器を使う人が喜ぶ、それが私の喜びである。

私が「海の豪商 銭屋五兵衛」の血をわずかながら引いているということを、先日、親から聞かされた。それを知って、私は自己暗示を掛けた。「漆器に国境はない。」、「私が漆器を世に広める。」日夜、強烈に思い続けている。最終的には社会に貢献したい。

少しだけ大袈裟に申し上げて、ご挨拶とさせていただく。
末永くお付合いいただければ幸いである。

会社概要

会社名 株式会社 酢谷(スヤ)
所在地 〒922-0111
石川県加賀市山中温泉塚谷町イ323
FAX 0761-78-5092 
設立年月日 昭和47年2月2日(創業 明治15年)
資本金 1,000万円
役員 代表取締役:酢谷喜輝  
営業品目 山中漆器全般
店舗 喜八工房(所在地は本社に同じ)  詳細はこちらから»
マップ map.gif

沿革

明治15年 山中漆器上塗師 酢谷喜八(2代目) 石川県江沼郡山中町本町2丁目にて製造卸(酢谷漆器店)創業 
昭和32年 4代目喜八 大阪出張所(デパート卸)開設 
昭和45年 5代目喜八(社長)就任  
昭和48年9月 大阪出張所のみを法人化  山中町塚谷町に新社屋移転 
昭和53年9月 山中店、大阪店を合併し (株)酢谷 設立 
昭和55年9月 山中本社にて産地製造卸として現在に至る 
平成13年8月 アンテナショップ開設 
平成24年4月 6代目当主 酢谷喜輝 社長就任  
平成24年4月 金沢ひがし茶屋街に直売ショップをオープン。  

 

 

↑PageTop

Copyright(C) 2008 KIHACHI All Rights Reserved.